sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

夏真っ盛りの涼しさでバトラン非電動戦

先週ですが、関西は和歌山のバトルランド-1さんへ遊びにいきまいた。

キシャー!ガスが有頂天に暴れられるのはこの時期だけだ!!と、サバゲ神様が私のケツをぶっ叩くため、ほんじゃ色々復活させたアレとか、ホップを適正にしたヤツとか、短くしたソレとか、定番のスネイルなコレとか、まあ電動じゃない手のかかる子たちを連れて行きました。

 

 

おおよその武器が大戦以前だったもので、合わせという意味で衣装は涼しい日本海軍の防暑衣。

例のごとく水分や食事の準備を万端にし、現地にれっつらごー。

今回はナビを無視して無料高速ルートを選択。やや回り道でしたが下道すっ飛ばしより早く着きました。

そしてやはり入り口付近が悪路で、私のハスラーちゃんでも一部滑ったりなどで難関。とはいえ一度行った所、そこまでびっくらせず大丈夫。

 

今回は前回よりもやや少なめで、あとご年pもといベテランの人がかなり多し。

立ち振る舞いを見るにここの常連っぽかったりの何回もって感じなので、うわこりゃ自分死んだな・・・と思いました。

はははー下手くそプレイヤーさーさあ殺せやーって開き直って、衣装着替えて銃チェック。

 

なんですが・・・ここでフィールド設定での初速アウトが一丁発生。そう言えばここ高地だし、気圧の関係で結構高く出るとか言ってたなと。

それプラスこの暑さでガスパワーはMAX。他のも自宅で調べるよりも高い数値が出ていました。

一応バレル戻したM712はOK。二十六年式とルガーは結構高い初速になってましたがこれも範囲内。

・・・なんでアウトにならなさそうなお前がそうなるのって、M870がまさかのアウト。

お前さんカートだから気密悪いんじゃなかったのかよ?どうも無駄にアタリを引いていたのと、修理してガスの流量が上がっていたようです。

法規制内ではありますが、レギュ上使えないので残念ですが封印です。仕方ないね、秋までか他のフィールドでやるかとかでお休みね。

 

さあそのような感じで躓いたもののゲームゲーム。

非電動戦とは言えルールはオーソドックスなフラッグでのセミフル戦。お昼にハンドガン戦を交えてぐらいで特に変なものは無かったです。

あっさりしてるって?うんあっさりだよ。

 

 

んで戦績?聞くな。

 

やっぱりベテランに土地カン有りぞろいなもので、ぼっこぼっこにされました。

生き延びるので手一杯であって、戦績はまー泣けちゃいますね。

それと遠距離まで伸びる銃が無かったため、どうしてもボルトアクションに飛距離で負けたりと性能差も色々。M1903でも持ってくりゃよかったかなとか、色々考えても無いものはない。

 

 

 

もいっちょ言うなら季節柄ブッシュが濃い。弾が通ってるのか通ってないのかわからないことが多々ありと。

おまけに弾を無駄撃ち出来ぬ非電動。一発一発の勝負が厳しい・・・。

 

そんなこんなで実力差を見せつけられての散々たる結果でした。緊張感はあったし、楽しかったからいいんだけどね。言い訳じゃないやい!!

実際暑さもそこまで酷いわけではなく、汗はかくものの全ゲームやっても死なないぐらいの快適度であって楽しく運動が出来ました。

すぐ死んでるくせになにが運動だ・・・。いやいやいやいや、ちゃんと生き残ったりしてるし!!

 

 

さあいつもの反省会。・・・もうゲームレポが反省会のようなもんだけどさ!

 

 

やはり活躍してくれたのはM712。バレルをチェンジしての中距離仕様でしたが、マガジンの数もあってなかなかに粘ってくれました。

フルオートでも機敏に動いていてはくれたのですが、肝心の弾道があまり伸びずで結構ぶれる。

国内品の精密バレルとパッキンに変更してもいいんですが、まあブローバックだしあまり気にしなくてもいいかといつもの貧乏手打ち。

 

 

おっとミドルバレルですが、もうとにかく邪魔にならないで快適!!どうせハッタリロングバレルなんだから早く作っとけばよかったんだよと、今更に使用感を味わっております。

 

 

ルガーはまあいつものごとくで特には無し。本当あっさり。

セミだけですがM712よりはまとまってくれるし反動が少ないので、双方の利点を活かして装備していきましょう。

ただプラグリがギシるので、そろそろこいつも4インチとは別に木グリにしたいかなってのがちょっとした願望。

どうせなら別のデザインにしたいよね。

 

 

テストショットでまっすぐに飛んでくれた二十六年式。まだ若干0.2gだとホップが強めなので0.25gならベストかなと。

ハンドガン戦に持って行ったのですが、弾数を気にしての実力出せず。性能は良くなっていても六発ってのはなかなかに厳しい現実ですなハハハー。

 

 

今回残念だったM870。せっかくシェルキャッチャーまで用意したのによすぎてとはね。

そして最悪なことに、帰ってきたと同時にまた盛大にガス漏れ。

再度修理したものの電動の高粘度グリスでもまた漏れてでもう無理なんで、液体ガスケットとかで修理やってみます。

 

 

銃以外では例の中華カバン。とにかく恐ろしいほど私にとっては便利いいです。

ひたすら入れるだけのシンプルで閉じるだけだもんで、使い勝手が最強。

コロコロ使わず、両手で持ち上げて楽に運べましたし、丈夫ですね。

 

 

バトランさん、夏はこんなプールがあるんで、是非に水着を着ていらっしゃってください。