sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

軽機で完全燃焼のバトルランド

サバゲ神様に連休なのにだらだらすんなと怒られたので、連休は初日の日曜日、和歌山老舗のバトルランドへお遊びに行ってきました。

いやまあ新規開拓するつもりはないんでしたが、どっこもいっぱいでねぇ・・・。

じゃあ仕方ないあきらめるかとならずに、他のとこ探すーとなっただけでございます。

 

 

 

そしてどこにしたかというと、だからそのバトルランドさんなのです。

実はサバゲ復帰しようかと思っていた頃から気になっていた場所であったのですが、どうにも行かずじまいで他の所に行っていたのを、今回あいなったというわけです。

 

 

場所は和歌山の橋本市橋本駅からしばらくの山道を登っていくと出くわすところでございます。

残念ながら公共機関は無い様子で、橋本駅からタクシーで行くとかマイカーマイバイクで来るとかでないと無理そうです。

 

んで当日はお天気もよく車をかっ飛ばし。途中ナビの設定が悪くて、京奈和の進路を間違えたり下道独走となったりと、ちと混乱はありましたが無事到着。

その入り口からセーフティまでは車で行けるのですが、順路が悪路過ぎてなかなか苦戦。冬場に凍結してたりだときついかなぁとかいらぬ想像。

 

到着後サクッと登録を済ませて、お着換えや銃出し。

セーフティゾーンは屋根付きなのはもちろん、物販もかなり整っておりなかなかいい感じに設備力入れてるな感じました。

カウンター裏のレンタル物品はめっちゃ多いので、装備忘れたーとか持っていくの重いーとかいう人も安心して手ぶらできそうです。

 

今回の銃はフルオートも撃てると確認したので久しぶりにZB26を担ぎ出し。後は応急処置したM712カービンとM1903を持ち込み。拳銃は十四年式を持って行ったのですが、後述の通りフィールド的に抜くことは全くあらず。

M1903もZBとM712に万が一な時の保険でしたので結局使いませんでした。そしてベビーもお守りで持っていく。

で、装備は?というとそりゃ日本海軍でしょ。やっぱりヘルメットは重いので持っていかなかったっす。根性なしめ。あ、これ言うの二回目だ。

 

まずは弾速チェックを通過。M712カービンの初速が気になっていたのですが、こちら当初の設定どおり約82m/sで通過。

前回あれから家に帰ってからマガジンを温めた状態で100発ほど初速確認したんですけど、90以上の初速が再現できなかったのです。

なんかの拍子で誤計測になったのか?そこは原因不明なのですが、とりあえずは安定してるようですかね。

ZB26は80前半。ナイロンのスペーサーが安定してるようです。

残り時間でホップ調整をし終わると、いよいよミーティング。ご丁寧にルールと注意事項。かなり念入りかつ細かいところまで説明が入ってるところはなるほど老舗。よくあるクレームとなるシチュも詳細に説明してくれました。

後はゲーム中に水補給忘れないでね、熱中症怖いよーとこちらも念の入れよう。

 

それが終わりますとフィールド案内。

 

 

感じとしてはグリーンキャニオンさんよりもコンパクトではあるものの、屋外フィールドとしてはなかなかの広さ。

そしてその広さに合わせて遮蔽物や塹壕が点在しており、隠れる場所の選択やルート決めなど見た感じの正攻法では難しいような配置です。

 

 

じゃあ行きますかなと、まずはセミオート戦。

M712カービンを持ち込んでやったのですが、なかなかフィールドに慣れずにしばし轟沈で、結局セミオート戦はいいところなし。

続きましてのフルオート。フルオートとくればZBだろと重い巨体をがっつり引き出しながらバリバリ撃っておりました。

が、やはりというか慣れずで、どうにもヒットがうまく取れず。

仕方ないこういう日はヒットをあきらめ生き残りとサポートに回るとし、うまい人の援護や徹底的な生き残りを優先しての行動。

それでもよく撃たれる感じであり、なかなか新規のフィールドは難しいなと。

後距離があるのでどうしても無駄弾を使いがちになり、これが軽機持つときの悪い癖で動きが止まっちゃうんですよね。

それでも後半になるとまずまず動けるようになって何とかの活躍。ちょっと最近運動してたおかげで体の調子もよい感じ。

後半もほぼ重たいZBでこなしており、数回ほど軽量のM712で裏撮りとか進軍をしたりとそれぞれで楽しめました。

天候もよかったのですがやはり暑くて持ってきたお茶もすっからかん。

筋肉痛はあまりなかったのですが、体力消耗が酷くて帰りの際には死にそうになってました。

 

感想としては自分が慣れてないだけであって、攻防ともに楽しみやすいいいフィールドでした。

屋外なので足下注意な部分はありますが、遮蔽物も程よく、裏取りも出来るという意外に頭を使う場所でした。

 

 

ではでは、もうお馴染みの反省会。

 

ZB26は全くの無故障銃の名前のままにフルに暴れてくれました。

一応セミオートに対応させたバースト回路も持って行き、作動も順調でしたが、セミ戦はM712の出番いっぱいで使うことなし。

相変わらず二脚と握り手がふらふらするのが困りもの。対策をはよせねば不快のままだ。

後これは銃とは関係ないのですが、最近運動していた成果があったのか、この重い銃を担いでも手や足を痛めることがありませんでした。

単に疲れる持ち方を避けてるんじゃとも思ったんですが、やっぱり体鍛えることって大事だよね。

 

 

一方のM712カービン。

あれから前回のジャムの原因かと思ったリターンスプリングを元の物に戻したのですが、セミ戦では軽量かつきびきびした作動で、いい感じに動いてくれていました。

 

 

ただこのスプリングちょっとひね曲がっていて精神衛生上悪いので、同じ形状のをバネ屋にオーダーしてみることにしました。本当はどこかでパーツ入手できればいいんだがね・・・。

 

 

それと何戦か終わった後に応急処置したエキストラクター部がはがれてしまったので、家に帰って金属用耐衝撃の接着剤で再度丁寧に貼り付け。

 

 

 

その後何度も撃ってチェックしましたが、今のところこいつでは大丈夫な感じか?と。

こいつは購入してからちょいと手間ばかりかかっているのですが、こうして一つずつ改良していくことで究極に近づいていくと。うふふ。

 

それ以外の銃は持って入ったのですが出番はなかったので省略。ごめんね。

 

以上でめちゃくちゃに疲れつつも楽しんでおりました、バトルランドの初体験でございました。