sm Dystopia

ここは私の管理社会 待ってても画像処理が移行しないので自分で修正中 一日ちょっとずつなので待っててね

M1903の大整備と不良対策

ぱっぱらぱぱっぱー??

 

f:id:sjky_sm:20210216220805j:plain

 

延々と放置していたM1903のー、メンテナンス及び不良対策を兼ねた分解レビューをー、ここに決行するー。

はいさっさとやる!もう今日はね、面倒だから前置きなしよ。

 

 

f:id:sjky_sm:20210216220827j:plain

f:id:sjky_sm:20210216220830j:plain


まずは先端の留め金のマイナスネジを外し、二つとも前に抜きます。

 

f:id:sjky_sm:20210216220840j:plain

 

そのあと真ん中の留め金も、抑え金具を押して抜き取ります。

 

f:id:sjky_sm:20210216220850j:plain

 

この状態でとりあえずはバレルカバーの木パーツが先に外せるんですけど、フロントサイトに邪魔されて留め金が分離してくれません。

 

f:id:sjky_sm:20210216220901j:plain

 

フロントサイトは前方のお芋に止められていますので、くるくるっと。前のゲームか何か知らんけど砂が入ってた・・・。

 

f:id:sjky_sm:20210216220914j:plain

 

ついでに凹みのセンターがずれていたので、JBウェルドで再度穴埋めして固まったら均していきます。今日は作業できないのでこれはこのまま。

 

 

さてストックから機関部を分解。

 

f:id:sjky_sm:20210216220923j:plain

 

前の左右にあるネジを二つはずし。

後ろの方のはダミーですので外す必要はないです。

 

f:id:sjky_sm:20210216220932j:plain

 

トリガー部の後ろにあるネジをまたまた外す。

 

f:id:sjky_sm:20210216220944j:plain

 

したらば機関部とトリガーガードその他諸々と、ストックに分かれます。

 

f:id:sjky_sm:20210216220955j:plain

 

トリガーユニットの分解は、まずこの機関部の真ん中を突っ切ってる部品を下に引っこ抜きます。

ちょっと引っかかっているため手では取り外しにくいので、ドライバーとかで広げていきましょう。

 

f:id:sjky_sm:20210216221004j:plain

 

その後両ネジを外してトリガーユニットが外れます。これが取れればボルトもそのまま引っこ抜けますよ。

 

f:id:sjky_sm:20210216221015j:plain

 

トリガーユニットの分解はこの留め具と各ネジを外します。なんかネジがめっちゃ緩くなってた・・・。

 

f:id:sjky_sm:20210216221026j:plain

 

パーツ自体に問題は無し。それはいいとして・・・。

 

f:id:sjky_sm:20210216221043j:plain

 

トリガーが左右にぐらつくのが気色悪かったので、電動ガン用の余ったシムを放り込み、ガタ抑えとしました。

あんまりキチキチにするとトリガーが戻りにくくなり、連動しているボルトハンドルの作動に支障が出ましたので、ここはほどほどで。

私の設定では左右含めて0.5(右0.3、左0.2)にしました。

 

 

さてボルトの分解。ここの箇所のネジはコッキングですぐ緩むので、再組立てにはネジロックを使いました。

 

f:id:sjky_sm:20210216221059j:plain

 

最初にボルトノブの下あたりにあるネジを外し、これら細かいパーツを分解。

 

f:id:sjky_sm:20210216221109j:plain

 

次にボルトにどすんと刺さってるキャップボルトを外し、ハンドル関係を分解。こっちはここまで、

 

f:id:sjky_sm:20210216221133j:plain

f:id:sjky_sm:20210216221136j:plain


ピストンは後ろの割ピンが外せなかったので、先曲げペンチを使って前のノズルを回して分解。

私は他のボルトアクションガンを持っていないのでよくわかりませんが、多分何らかの既存品と似た構造だと思います。

これらは全部掃除して新しいシリコングリスを塗布しておきました。

 

 

残るはバレルパーツ。

 

f:id:sjky_sm:20210216221147j:plain

 

このボルトを抜いたレシーバーにちょこんとついてるネジを外します。

なぜかミリ六角では滑るのでインチ六角で対応。それとも単に舐めてるだけか?

 

f:id:sjky_sm:20210216221202j:plain

 

ホップアップレバーと給弾ユニットをバレルから取り外し。

 

f:id:sjky_sm:20210216221210j:plain


後はそのまま後ろに引けばインナーバレルとチャンバーが取れます。

それと、前の小さいネジを外せば前と中のバレルとに分離できます。

このネジは前のバレルとの角度設定を行う部分であり、締め調整用にOリングがついてますね。

 

f:id:sjky_sm:20210216221218j:plain

 

チャンバー分解。給弾部に抑えのようなパーツがあります。別に何って不具合は無し。

パッキンは電動ガン用のに近いけど、ちょっと短いので専用品かな。

汚れをシリコン吹いてゴシゴシするだけにとどめて終了。

 

 

再組立てしてで初速測定ー。

 

f:id:sjky_sm:20210216221228j:plain

 

80後半で何も変わらず。よろしい。

ネジロックしたおかげで各部のガタも感じられず、コッキングも引っかかりなし。

 

さてこれで、次のゲームへの備えはばっちりよ!