sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

りりしくベイビー

前々からの野望というか、計画中そのままほったらかしなベビーブローニングのグレードアップに成功いたしました。

初速上げ?できねーって。だから外面だけよ、サーフェス

 

 

いかがですか?

 

まあまあましなんじゃないのー?と見てる皆さん、大丈夫よ。この私がそんな丁寧に仕上げるわけないんだから。

 

 

ほら反対側。

フレームぼっこぼこでしょ?刻印埋めたはいいけどならしに失敗したのだガハハハハ。

しゃーないじゃーん、パテが古くて使いづらかったんだから。

 

では簡単にお解説していきましょう。

まずは全部バランバランにして、フレームの余分な刻印部分を埋めたりペーパーがけしました。

 

 

その際に一部埋めるのに難儀したところがあって、このように失敗しております。

トリガーガードの前部分の肉抜き穴はまだきれいなんだけどねー。

 

 

次に銃口部はプラリペアを盛りまくり、銃身はフラットに削り、ドリルと砲弾やすりでテーパーを削ったのですが?

 

 

見ての通りセンターがずれてる。

まあ前のガタガタよりは自然だからこんなもんでいいやと。

 

 

トリガーも腐ったパテで埋めたのですが、鋳鉄かいってぐらい凸凹・・・。もう少し頑張れよ自分。

 

 

 

でもまあ全体で見ればそこそこ綺麗でしょ?

これらの塗料はキャロムの黒スチールを使ってピカールで適当に磨いただけです。

別におもりや詰め物していないので重量感はありません。あ、駄目細かく見ないで。

 

 

マガジンも同じ塗料で塗装。こっちも当然ですがまったく重みはありません。

 

こうやって出来たものを眺めてなんですが、確かに色々出来の悪い部分があるんですけど、前見たく玩具って感じは少しは消えましたし、少しは土壇場の仕込み拳銃としての貫禄が出たかなっと。

それなりに気になってた部分も全部直せての自己満足で、御の字でしょう。

 

さてそして、性能は何も変わらないです。おわり。

 

 

この銃はちまいので、ちまい子とよく似合うよ。