sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

ZB26のアレが緩いので粘りを加える

アレですか?アレですね?アレですよ?

アレソレドレコレ言われてもわからないですよね。

はいというわけでなにがというわけだなんですが、ZB26のホップダイヤル。これが私の頭みたいにゆるゆるおバカで困っております。

マルイさんの電動ガンならばダイヤルには適度な抵抗があるんですが、この野郎にそんなのは無くスピーティかつ無抵抗に回る感じ。

ホップが動いてさあ飛ばないはちょっとまずいねーと思ったので、お安く手軽な改善策を検討しました。

まずはかわいい女の子をいやらしくなめまわすように、チャンバーの各パーツを仮組してチェック。

どうもダイヤルとチャンバーとのギャップが大きい為、するするになってるみたいです。

じゃあこの隙間を詰めて抵抗を付ければいい話なのですが、どうすれば?

・・・おや、これって?

なんかちょうどいい感じにリブが立っておりますね。ここを使ってかませ物をすればよくないかなと、私のバーツ墓場をひっくり返し。

へい何かのあまりだったと思うOリング一丁!

寸法は内径10.0mm、外径13.6mm、φ1.8mm。

そして対するチャンバーの径が12.4mm。普通はでっかいので嵌らないのですがそこはゴム。無理やり押し込んでリブを乗り越え・・・。

おあつらえむきにぴったりこん。パッキン押さえレバーにも干渉しません。

少しきついものの、ダイヤルをぎゅっと押し込んで固定完了。

作動チェック。回すとちゃんと抵抗が出ますし、レバーの作動にも干渉なし。

まずは一つ目の問題点、クリア。

・・・というかこれOリングついてたの省いてたでしょコレ!!