sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

ウェルカムM4

そーいや自分の武器にアレが無いなー。

そうだ、アレ、アレ。

・・・買っちゃえ。

 

 

というわけで経済貢献。

M4A1っす。

今更んなもんのレビューなんかいらねーよお腹いっぱいだよ。などと、言うな皆まで。

皆にとってはそりゃ100億丁レベルで飼っているだろうけど、私にとってはこれが初めてなんです。いやマジで。

前にも言った通り別にアンチとかではないんですが、なーんでかアーマーライトには縁が無くて。

それにお金ができてもほかの変なもの漁ってたりで、たぶん今の勢いが無いと買わなかったと思う。

 

 

で、そんな私が選んだのはマルイの次世代機。

 

M4はスタンダードもあるし、なんか最近はガスがあったり、中華があったり、カートが飛ぶのがあったりとにぎやかなようですが、

なんで次世代選んだ理由としては

・今更スタンダードのM4買ってもなんだか

・ガスはどうしてもガス漏れに付きまとわれるのであえて外す

・中華もいいんだけど最初から調整とか不良とかちょっといやん

・カートが飛ぶのは変態すぎてしびれるがちょうど売ってなかった

・そもそも次世代電動を持っていなかった

などというずらずらした理由。

 

さらに面白みが一番ない素のM4にした理由は、新しく専用バッテリー買いたくないからでした。

(ほぼリフェに移行もしてるし・・・)

まあ、結果無難な初めてのM4になったんじゃないかなと。

カスタムパーツもだいぶ出てきたみたいだしで、そこら辺の心配も思っていませんでした。

 

 

さて、分解とか外観とかやってもどうなのよと思ったんだけど、今のロットはどうなのかな?ってことで、簡単な分解までをやってみました。

 

 

バレル刻印、納豆の5.56と書いてます。なかなかカッチリ入ってますね。

 

 

ガスブロック近くのスリングアダプター。カツンカツンうるさいです。

左右入れ替えができるらしいので後で変えちゃお。

 

 

M4使いに1200%の確率で捨てられるハンドガード。樹脂ですがしっかりはまってくれてます。

左右にひねるとちょっとコチコチずれるのが、気になると言えば気になる程度。

 

 

お馬さんの刻印。なんか初期では文字が浅いとかどうとか言われてましたが、私のはそう感じません。

まあもともと刻印とか気にしないタイプだけど。

レシーバーが金属なので、マガジン抜き差ししてるとやたらハゲます。

 

 

セレクター周りの刻印もなかなか。

セレクターの使用感としては・・・セミ、フルの移動はカチカチしてて問題ないのですが、セーフに戻す時に若干のぬめり感があるようでちょっと気持ち悪いです。

 

 

グリップとトリガーガード。グリップは持ち方を矯正されるのか尖っている部分が痛い・・・。

トリガーガードをオープンするとすごい使いにくいけど、こうしてわざわざ使う場面があったりするのかしら?

 

 

ストック。これは80%の確率で捨てられます。

ナイロンかどうかは知りませんが、他のおもちゃ樹脂した部分より、なんか実銃っぽい樹脂感です。

 

 

排莢部分。ダストカバー調子に乗ってパッカンパッカンやってたら剥げちゃいました。

 

 

カバー裏のピンもしっかりした感じで、壊れる気配は無いです。

 

 

実銃では強制閉鎖用のボタンですが、電動ガンでは意味なし。うおおおおおおおお押せ押せ押せーーー!!

 

 

マルイの刻印。なんかここだけちょっと薄い気が。後左利きにはさびしいノンアンビなセレクター。

 

 

チャージングハンドルにリブがごちゃごちゃ。

個人的にはこの辺のアングルが見ていて楽しい部分。

そしてキャリングハンドル。フレームが樹脂なのでちょっと重量感が足りない感じ。

アサイトとしてはなかなか便利。

まあお前も1200%の確率で捨てられるんだけどね!!

 

 

じゃあ軽く分解。

 

ハンドガード分解は基部のリングを下げて上下二分割。何にも難しくない。

 

 

ストックはレバーを押してだと位置調整。

反対に引いてだとすっぽーんと抜けちゃいます。

 

 

ねじを緩めればキャリングハンドルは取れます。

みんなの好きなレールがお目見えです。

 

 

全部剥ぎ取ると・・・貧相になったな、お前。

この状態でもバッテリー入れれば撃てるんだから、なんというか基本はシンプルですね。

 

 

最後に性能確認。サイクルは12発/秒、初速92m/sと、極めて良好。中弄る必要ないな。

欠点としては、けたたましくブローバックするので夜に撃つことができません・・・。

 

 

さてこのM4、どうやって料理してやろうか。