sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

SRC MP40のマガジンと殴りあう

MP40のマガジンによる給弾不良に苦戦しています。

 

 

 

まず給弾不良の内容ですが、こんな症状。

1・カリカリに巻いておいても4~5発程度しか出ずに巻き上がっちゃう。

2・ストッパーを解放したまま巻き上げると途中で弾詰まりでもするのか、順々に流れてくれない。

3・2の弾詰まり中に急激に巻き上がる

 

とりあえず鬱憤もたまっているので腹いせに解剖しましょう。

 

 

まずはこのピンを抜きます。細いポンチとハンマーさえあれば楽勝です。

ところでポンチって逆さn・・・いや、やっぱりやめておきます。

 

 

次に下のカバーを後ろから前にずらして取ります。前からはリブがあるので取れません。

 

 

その後、中身・・・が、取れません。

 

 

前にも後ろにもずらせられるのですが、このあたりで引っかかります。

くそう、このまま不良雑誌に屈するのか自分・・・。

 

 

だが「人間が作ったものに、人間が屈することなど無い」が好きな言葉100の中に入る自分。

早々はあきらめませんよ。

 

 

アンサーは簡単でした。「かまわん、そのまま上から抜くがよい」

強引に引っ張ることで、アンダーカット結合された内部パーツが二手に分かれます。

 

 

後ろは長いドライバーでも突っ込んで押し出しちゃいましょう。

 

 

パーツご紹介。少ない。まあガワと機関部ではそんなもんですが。

 

上のほうはただの筒同然なので、こっちに不良の原因は無いと勝手判断。

ではやっぱり機関部かと。

 

とりあえずビス2本とワッシャ?をマイナスドライバーでこじ開けてオープン。

 

 

構造としての問題もギア部の異常も無い様。う〜〜〜〜〜〜〜ん・・・ちょっとトイレ。

 

で、一応の原因かも思ったのは上パーツとの結合部分。

 

 

結合していれば問題なさそうなのですが、単体だと隙間が結構開いています。

この隙間が発生するぐらい変形が予想されるのであれば、二重並びや弾の運びがおかしくなるとかが大いに考えられます。

なんとなくはわかりましたが、かといって接着するともう元に戻らない・・・。

 

 

まあまずは実験なので応急処置レベルで。針金で上部分を縛って変形を抑えてみました。

ついでにXBOXもといX3200を買ったので、こいつで初速の測定もしながらテストしてみます。

(しかしこの形状微妙に似ているな・・・)

 

さーて結果は?

 

 

Negative.(駄目だ)

 

 

しかも初速まで70msに落ち込む始末!いやこれが原因じゃないですが。

ただ、弾速計を新しくして測ったのはこれが最初。

コンブロはエラーのほうが多かったのでこっちが正常なんでしょうね・・・。

初速が落ちたのはばねの影響+組みつけ時の何かだと思うので、こっちは原因が想定できる分マシです。

しかし給弾不良は未だに未解決のまま。

 

これでMP40の不良が2つになっちゃいました。

わーいたのしーなー、ごしゅじんなめてるなーこのやろー。(棒読み)