sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

シンプルイズ散弾しないショットガン-A&KのM870ぶった切り

ショッショーSPで手に入れたソウドオフなショットガン、ちょっとご公開しませう。

前回記事の通り、フォースターさんの裏ショーで訳ありを購入したものです。

smdystopia.hatenablog.com

訳はとりあえず後にして、ぐるんとレビューしていきましょうか。

 全身を見せなさい

みじけえ。はいこれがA&KのM870ソウドオフタイプです。見たまんまの通りぶった切っております。燃えますね。

 いわゆるレミントンM870モデルを切り詰めたタイプのものです。何度も言うけどそのスタイルは非常にコンパクト。荷物にならぬサイズです。スリングの引っ掛けも前後にありますので、通しての携行も便利。

材質は外装のほとんどがアルミや亜鉛合金の金属製でありんす。後は木じゃ。木の種類についてはよくわかりませんが、んな高級なものじゃないと思います。色がちと明るく、少し玩具っぽい気も。だからエアガンなんて玩具だろ。大人の玩具!

その長さおおよそ570mm。小型のバッグにも十分入る大きさです。実銃では携帯性の為所持が禁止されていると言われていますが、なるほどねえ。

余すとこなく部分部分

フォアグリップ

ポンプアクション用のコッキングレバー兼フォアグリップは、まずまずの凝った削り方でいい感じ。でも接合部が90度削りになっておりのRつかずで割れが心配。コッキング感はエアなのでバネの重みがありますが、んなどうしようもなく固いとかそういうのはありません。それと二度引き防止が備わっていて、ちゃんとコックすれば先端でロックされ、発射すると解除されます。

グリップ

持ち手側。ソウドオフの特徴として有名な猫のしっぽみたいなグリップ。近代版のピストルグリップよりもこっちの方が好きかもしれません。んで握りやすく木製なのですが、チェッカリングいわゆるすべり止めの処理はないため、つるんてるんとなってます。手袋の種類によってはズレちゃいそうです。

ちなみに固定はでっかい六角でズドンですので、早々はズレません。

レシーバー

本体レシーバー。かなりメタルなのですが、排莢口が別パーツでも何でもなく、さらに何か内部構造が見えてるという感じでちとリアル感には足りず。まあそれなりって感じでしょうか。

トリガー

トリガー部には左右にスイッチしてのセーフティと、ダミーのシェル排莢ボタンがあります。トリガーは程よく軽く、エアコキ特有のトリガープルであるものの、特に変な感触ではありません。

ホップアップ構造

ホップアップはバレル根元のこちらの穴に六角を突っ込んで調整。

ちなみに散弾ではありません。単発スラッグです。

照準は?

見てわかる通りこの銃にはサイトというものがありませんので、精密射撃には適しておりません。まあ元々ストックも無い近接用ですし、遠距離狙撃がしたいのなら、なにがしかのカスタムパーツかを付けた方がいいでしょう。

 

難ありの真実にせまる

では難あり部のご紹介。チューブキャップのネジ先端部が馬鹿になっていて、奥までねじ込まないと固定できないという不具合です。まあそれ自体はネジロックでも塗ったくって奥にまでネジっとけばいいんですが、その副作用でチューブの根本のネジが途中までという不細工さ。まあ気にするほど隙間が空いているわけでもないですし、どうしてもってならスペーサーでも作ってかませばいいのです。

さてでは試射とやってみますが、ここまででひとつ、気づいたことがあるでしょうか?

そう、弾の収納部ですよね。

マガジンを探す旅

このモデルは実銃でシェルを装填するところにぽっかり穴が開いており、ここにマガジンを放り込んで運用するというものなのです。

ですが…

これについているデフォルトのマガジンが多弾数のボックスであり、とても外見が不細工になります。なんか個人的にいまいちだし弾の多さより見た目が欲しいと、ちょっと探したのがこの品。

G&Pのショートマグ

G&Pの同種の商品に使われているショートマガジンです。シェルキャリアーを模した底で雰囲気はばっちり。

ですが購入時のままでは入れることができませんので、まず上赤枠部分の突起を面一でカット。その後も着脱で引っかかるので下赤枠をなだらかにやすり掛けし、スムーズに装填できるようにしました。

これだけやってみてセット。このようにきれいに埋まり、でっぱりも無くでよいよい。

それとショートにして弾数大丈夫なのと思ったのでちょいと計算。

このように数は当然少なくなるものの、エアコッキングであればショートでも十分な弾数ですし、2個もあれば48発で安全でしょう。ちなみにショートマガジンはリロードの際に先にコッキングして引いた状態にしておくか、1発抜いておかないと装填できませんのでご注意。

それぞれのマガジン装着での重量測定

 

G&Pのは樹脂で、A&Kのは金属ですが、元々の本体が重いもんだからどっちもそんなに変わりはしない感じ。かろうじてG&Pが2kg切った形。ですがこの銃、バランスも最悪なのでどのみちグリップもってだけの片手撃ちなどはロクにできないでしょう。

初速性能と実射の感想

ホップをゼロ位置にしてS&Tの0.2gバイオで測定。

初速は85~86m/sでド安定。エアコッキングゆえにブレも無く、初速もちょうどよくで箱だしにしては良い感じです。精度については遠距離の射撃場が無いので写真が無いですが、フィールドで試射の際には30mでも人頭程度にまとまってくれました。ただしサイティング出来ないので、それなりの狙いしかつけれないのは玉に瑕。また、コッキングに引っかかり感がごくまれに出たり、内部グリスが適当っぽく稼働部から染み出てきたりしているので、一度分解して清掃する必要があります。ちなみにもうこれは実戦投入し、良好な成績を収めております。

ダメ押し感想

普通に買うのであればちょっと、って感じのお値段でしたが、難ありで格安お値打ちなら遊び倒すのには悪く無い品物です。

弾幕を張り辛いエアコッキングではあるものの、テクニック次第では十分にメインになれる良武器。しばしのいいお付き合いができるかと思われます。