sm Dystopia

ここは私の管理社会 Googleフォトとの不具合により画像が表示できてませんので随時修正中

ショットショージャパン2018春の部ーはぽーと

 

ご恒例な年行事だよ

春といえば毎年恒例の…春?いやもう梅雨突入待ったなしでしょ、今年遅くない?な、ショットショージャパン2018が開催されました。
ワタクシも毎度のこと一人で、一人で、そう一人、…ああ一人だよ!なんか悪いか!!で参加したのでごじゃます。

今年は特に狙ってるものはないのと、事前情報もぱっとしなかったので、なんかおやすい掘り出し物でも出てればいいかなとそんな感じで。

運命の誤選択

去年はフォースターさんの裏ショーに合わせての出発でしたが、今年はショットショーをまず先に見ようと10時オープンで乗り込みを検討。
ですんで早起きして直行。駐車場は最近こっちに来るのに安いとこを発見したのですが、場所の兼ね合いで過去使っていた場所にて。

ですがこれが結果まずかったかなとちと後で公開でした。その話は後ほど。

さて本日の天気ですが

本日6/2。春と言うには遅い時期なのでそりゃそうかなと思うでしょうが、とかくアチい…。
予想はしていて半袖と手ぬぐいを準備してきたわけですが、それにしても暑い。それにあの中じゃ余計に地獄だろうと覚悟はしており駐車場からおおよそ25分をウォーク。この時点で背中が湿っぽくなりました。

圧迫感な入場

場所はいつもの心斎橋はサンボウル。到着した時間が微妙に開場前だったので表で時間を潰し最後尾に付いていくことにしましたが、それにしても今回なんか行列が長いような??
流石にウール姿や全身迷彩マンはおらずで皆軽装な上でのカバン装備。そりゃそうだ暑いんだもん。
ぶ~らぶらと不審者していると入場時間。見慣れた怒涛の人海でおますです。

…で、入っていきなりフン詰まり。ぎゃー!!動けない流れていけない!!わぁあああー!!
とにかく入らねばと奥へ奥へと逃げていったのですが、これがまずくて奥ディーラーの方が余計に混雑する始末。無理無理無理買うの無理!と一通り見るだけ見ることにして、その場10分でアウトー。会場のトイレに逃げました。
スッキリした後とりあえず配置を覚え、空いてる所からお買い物やお話を聞いてみようと思ったのですが、それでもまだ混雑が収まらず。

だがここでいいものを見たい買いたいと粘って、お買い物を敢行。
…といっても結果2ブースだけでした。

今回のお買い物

これらの殆どはホビーショップいずもさんでのお買い物。
ちょうどいい感じにM1911のグリップや電動ガンのパッキン、バレルがお買い得な値段。
左のサポーターもずいぶんと安い値段でしたので、使いかどうかはともかくとして購入しときました。

ちなみにブースがこんな感じ。

自分の興味対象からは外れていましたが、なかなかに美味しいものが売っておりましたよ。

んでもういっちょがサムズミリタリアさんのジャンク品。


これAGMのMP40マガジンだと踏んで即購入。例のごとく、中身の前後入れ替えと掃除をすればちゃんと動きましたよ。

買い物が終了したので新製品のチェック。

新製品チェックチェック

G&Gのクジラと変態

 


最初におやこれはと思ったのが、クジラ…じゃなかったFN2000。
従来どおりのレイルタイプと、かさばりリアルさをそそるスコープ一体型のラインナップ。
旧品はトリガーロックがよく発生していたようですが、今回のは電子制御ということでその発生を低減させてるとのこと。
残念ながら発射体験は出来ませんでしたが、銃の質感はとってもいい感じです。でもなかなかゴツいね…。

もう一つ、へんtもとい英軍狂喜のL85。
こちらも電子制御がなされており、特筆すべき点としてバースト機構が内蔵されていること。
関西ではバーストの扱いはフルなとこが多く、あまり恩恵を受けることはないのですが、セミオートを電子制御ということでトリガーレスポンスが素早くなりそうです。

写真撮っていないけどフォースターさんでWEのガスブロトンプソンを持たせてもらいました。
良い質感で作動感もよく、値段も魅力的だったのですが踏ん切るまでには行かず。それに予備マガジンも入れると高額になることも考えての断念。またの機会です。

最後におなじみの東京マルイ

最後はやっぱりここでっしょ?

89式は前回に比べて製品化に近寄っているようであり、作動感が増しておりました。写真はないよ。外観については前と同じ。

もう一つのガスブロカスタムガンとして展示されていたのがこちら。


M4のカスタム品でMTR16という製品名。

それ自体はアレなのですが…

この垂直に角度固定されたグリップがなんとも新鮮。
これはいかに次世代といえどモーターが入って角度固定されてしまう電動ガンでは出来ない芸当です。アンビ構造にもこだわっているようで、多分操作性は現段階のどの機種よりもピカイチだと思われます。架空のカスタムですがこのようにそれっぽくまとめられるあたり、現代銃バリエーションへの力の入れようがよくわかります。

もう一つアンブレラ仕様のハンドガンもあったのですが、写真撮るの忘れちった。

さて見学もして目の保養にはなったのですが、混雑でいまいち今回はそれなりでした。

そんなうちにフォースターさん本店の方が開店してしばらくしておりましたので、裏ショー見れるなとそっちに行くことに。

裏ショーのでっかい目玉揃い

所変わってフォースターさん。相変わらずビルの拡張工事中ですが、裏ショーはきっちり前のガレージで営業。
そのラインナップを見てうぉっとびっくり。普段目にしないB品と新品一本物がいっぱい積んであっての大セール。こりゃ予算もっと持ってくりゃよかったかなー、それと先に来ればと考える間もなく、いいものから売れていきの後悔先になんとか。
そんな中でも残っているものがあったのですが、まずあっと思ったのがこいつ。

ハイド…なんとかっていう水袋装備できるリュックです。試作サンプル品らしいのですが妙に出来が良かったのとこのぐらいのカバンを探していたのでご購入。
その後鉄砲をしげしげと眺めていたのですが…。

またやっちまったよでっかいの。いやこれB品だけどそこまで状態悪くないしなにより売価からの3割引きぐらいだし、多分もう出ないだろうと思ったので。
その予備マガジンも上で値引いていたのでついでにとお買い上げ。安い安い。

もう一度行きましたけど

荷物を車に積んだ後なんばで飯食って別の買い物を済ませ、まだ時間あるよなとそれからもう一度ショットショー会場に行ったのですが、うーむ、先に買ったもの以上の何かは見つからず。
単なる運動をしただけでおとなしく帰路につきました。がくん。

そんなことで他の店に行く余裕はなかったです。

感想

今年は最後に大きな出物に遭遇したぐらいであまり成果はよろしくありませんでしたが、それでもそれなりには買い物ができた感じでした。
でももうそろそろ、あの混雑考えないと行けない規模になってるのと違うかな…?