sm Dystopia

ここは私の管理社会 待ってても画像処理が移行しないので自分で修正中 一日ちょっとずつなので待っててね

ク行メ求ヲサシ美と能機―銃拳式年六十二

この間ショットショーで買ってきた二十六年式拳銃の木グリと、鬼ホップ対策のホップパッキンが到着しました。

時間があったので換装やったるでぇい。

 

f:id:sjky_sm:20210222212030j:plain

 

まず木グリから先にやっちゃいますわ。

 

f:id:sjky_sm:20210222212044j:plain

f:id:sjky_sm:20210222212048j:plain


取り換えについてはまずサイドプレートを取り外し、松葉バネやらの干渉するパーツを外し、さらにマイナスネジ二本を外して右の方をポン。

こっちは何の苦もなくポン付けできました。

 

f:id:sjky_sm:20210222212101j:plain

 

次に左ですが・・・上の方の出っ張りが邪魔だし、ちょっと縦にもきつい感じ。

もったいないのですが装着できなければただのお荷物になるだけなので、干渉部をダイエットさせます。

 

f:id:sjky_sm:20210222212120j:plain



 

プラグリと比較すればわかるのですが、こーんな感じで出っ張りが出ていますのでデザインナイフで切っちゃいます。

それと上部もやすりでおおよそにげりごり。

 

f:id:sjky_sm:20210222212144j:plain



 

なんとかかんとか装着完了。空間スカスカのプラより中身みつしりの木であるので、プラの時にあった強く握った時の軋みやがたつきが収まった感じです。

ただ取り外しはキチキチなので、素早く機関部アクセスは困難になっております。まあめったに開けませんけどね。

 

f:id:sjky_sm:20210222212159j:plain

 

さてお次に鬼ホップ発生していたのを解消ということで、どうやらネットの先人たちがマルイパイソンのホップアップパッキンを使うといいよのご研究成果。

だったらやってみますかとパッキンを注文。

 

f:id:sjky_sm:20210222212218j:plain

 

f:id:sjky_sm:20210222212231j:plain



 

形状比較。デフォのはホップの突起がやや大きい感じです。どうにも0.25g以上での合わせの様ですかね。

マルイのはいわゆるVホップってやつ見たいです。効果としてはなんかあるんですかね?って所で分かりませんが、ホップの突起は幾分抑えめになっているようです。

外観の形状も確認してみましたが、位置決めのゴム突が無いだけで全く同じです。ばっちり。

ではセットするかぁー???と、そこで困ったのがこのパーツの向き。

どっちにでも入るので前後がわかりません。

 

どうしようかと悩んでいるところにいいアイディア。

パイソンのパーツリストを参照してみますと、パッキン外観の凹みが手前側に来るようにイラストがなってました。

 

f:id:sjky_sm:20210222212254j:plain

 

じゃあそのままマネするかとこのように装着。

 

f:id:sjky_sm:20210222212303j:plain

 

も一度ホップの出を確認。セットしてみるとなかなかいいのかも。

 

 

後は戻して組み立てて作動確認。ホップの確認は射撃場がないとできないのでそれ以外を。

なんかシリンダーの動き渋いなと思ったら、全体的に油切れだった模様。

ぶわーとシリコン吹いてふき取って何とか快調。

f:id:sjky_sm:20210222212325j:plain

f:id:sjky_sm:20210222212327j:plain

f:id:sjky_sm:20210222212330j:plain

f:id:sjky_sm:20210222212333j:plain


チェッカリング?というかグリップの溝が変化したので、外観がまた違って新鮮に進化。

外も中も改良できたということで、また活躍できそうかな。