sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

再生強化怪人調整体二号 WE M712カービン

まずは見てください。・・・マニアックなガンが二丁もあるわね好きものめ。

 

 

はい、某所で物販していた破損あんどパーツ紛失のジャンク品を格安で入手しました。

最初は予備マガジンだけいただいて残りは予備パーツにするかと思っていたのですが、やはりこのままぼっこわれていたままにするのもかわいそうなので、紛失品と破損部を例の3Dプリントパーツで復活させてみました。

というか、パーツ公開に向けての再修正のきっかけにちょうど良かっただけなんだけどね!

 

 

破損部は例の如くエキストラクターとファイヤリングピンに、作動ついでにひね曲がったバネ。紛失部はそのファイヤリングピンを通す留め具でした。

 

 

まずはエキストラクター。

 

 

前回のはポン付けにはきつかったので若干の寸法調整をし、ベストになるように仕上げました。

 

 

それとテスト気味に前回のパーツを研磨して塗装したのですが、まあまあいい感じに塗料が乗ってくれています。銀色が嫌だって人もこれで安心。

 

 

続きましてファイヤリングピン。

 

 

こちら前回品は挿入部がきつかったので面取りやR付けをしてすり合わせ調整レベルで出力。ガリガリ削る必要はなくなりました。

なんか改良品には刻印っぽいものがありますが、これは単なるテストというかお遊びでやったものですので公開時には付けません。

 

後マイナス形状のケツ。

 

 

全くの寸法同じでやったのはいいのですが、それでハンマーとの叩きで強度が勝ってしまいこのように凹んでしまったのです。

 

 

そのため単純に寸法を短くして奥まらせて傷防止としています。

 

 

 

壊れたバネは同じようなサイズと太さの汎用品を使い、このように長さを合わせてセット。線径が若干細かったためリターンがやや弱めですが代用は果たしてくれています。

 

 

最後にファイヤリングピンとバネの留め具。

 

 

これは無理してチタンパーツにする必要はなかったのですが、ジャンク品の方で紛失していたので作りました。

ですが機関部に接する部分がきっちり採寸しきれてなかったのが災いし、かなり削っての無理合わせとなりました。そのためこちらの公開は今のところまだ考えていません。

 

 

本来ならジャンク品の方につける予定でしたが、銀色パーツでいい感じだったので最初のM712カービンの方に装着し、元々のパーツをジャンク側に移植してエキストラクターの塗装品と共に黒統一にしました。銀と黒の二丁カービンでマフィアっぽいですな?

 

 

もちろんテストはどっちとも作動オッケーで大合格。すぐぶっ壊れたこの銃もパーツを作って完全作動品に復活です。

というかぶっちゃけジャンク品の値段よりパーツ台の方が高かった・・・。

 

そして今回の形状調整で3Dプリント品公開のめどが付きましたので、近いうちに注意事項と共に販売?なのか出力代行なのかよくわからないけど、それをさせていただきます。

お待ちの方はもうしばしお付き合いを。