sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

ZB26の足のぐらぐらとシリンダーの問題を片付けてみたら・・・

振り返ったら毎日更新なんかしてたよ。怠惰を網膜に刻んだみたいな自分のくせに気色悪っ。

ZB26の補修パーツが届くまで暇&安物ルーターがぶっ壊れたので、メカボ調整以外の細かいところを弄っていってるんですが、しょーもないんだけど気になっていたのがこちら。

二脚の先端部右方向が妙にぐらつくってやつです。気になる気になる・・・むかつく。

この怒りを収めるため、メカボやパーツを磨いてるついでに解決策を練っていました。

外さなくていいなら接着すればいいだけなんですが、メンテもしたかったのでなんか回りくどい方法を考えてみました。

まずやってみたのはこちら。

嵌合部分にパテを適当に盛って成型すればいいじゃんと塗り込みしたのですが、思ったより凹との余裕がなく、成型しちゃうとパテがペラペラになってぼろぼろ剥がれる感じになってしまったので大失敗です。

おのれおのれくそぅくそぅ・・・と、残ったパテを剥いでアングリーMAX。削りの傷もつくし・・・。

このままでは何かが吹き出してしまいそうなので、昨日買ってきたインカコーラを飲みつつマズイ!!次の対策を考えました。

ここでふと思ったのが、ちょうど失敗したパテの残りが突起天面に付いてた時に余計にぐらつく感じだったのが一つ。

・・・つまり、ぐらつくってのは嵌合部の形もあるけど、凹凸密着部の垂直度合いや平滑度もあるんじゃないの?

と思い立ちルーターを・・・壊れてるじゃねえか!!!

しっかたないのでマイ鈍足ドリルのチャックにビットをかませたのと金属やすりで突起の天面を平滑に削り、まっ平らにしたのがこちら。

ネジの締め付けと二脚とのすり合わせの為若干念入りに削り。その上で見た感じまっすぐに磨いております。指で触って凸凹が無いことを確認。

ついでに反対側のパーツも若干ですがガタがあったのでまっ平ら・・・になったかな?

んじゃ締めていきます。

おお大成功。あれだけのガタがぴったりと無くなりました。心なしか二脚とのギャップもさらに埋まり、一体感が出てきました。

さてもう一つうれしいニュースが。

以前はずれねーとシャウトしていたZB26のシリンダーヘッドですが、このたび分割することに成功しました。

穴の部分に棒入れてゆっくりこじったら取れました。

これでやっとシリンダーヘッド単体の手入れができます。専用品だから大事にしないとね。

それはそうと、何でこんな固かったの?とシリンダーをよーく見てみると・・・??

ぎゃぁああああ!!嵌合部分がへこんでる!綺麗な〇じゃなくちょっとDになってる!!バッドニュース!!

ううう、やっぱりこれも交換したほうがいいよね・・・。

調べれば調べるほど出費がかさんできますが、もうこれ以上は無いだろうと思ってまたパーツを注文します・・・。