sm Dystopia

ここは私の管理社会 Googleフォトとの不具合により画像が表示できてませんので随時修正中

ZB26のストックプレートが外れにくくなったかもしれない

全国そんなに多くはいないZB26ユーザー様は知ってるでしょうけど、ストックの金属おけつちゃんがやたら根性無しで頻繁に外れ落ち、血圧が迫撃砲のごとく急上昇不発弾になっていることでしょう。

んなもん穴付けてネジっときゃいいじゃんと賢者は言うでしょう。

ですが、愚者の立場で言うとネジでの固定はいいとしても、フィールドでのバッテリー抜き差しの時に落として何処だフィールド○○今日の落とし物連rこのネタ前もやったな・・・をやりやすいし、何より外観にネジがむっきりと出るのが嫌でした。肩に当たっても痛いしね。

まだ完璧超人的な解決法が無くとりあえず考え中なんですが、応急処置的なものとしての対策をしてみました。

まずはハメ合わせの部分を再確認。

見た感じ隙間なく嵌ってそうなんですが、上下に動かすと隙間があるのです。

もう少し見えやすく、必殺ブライトフラッシュ!!

なんともこんな感じで隙間があるため、下の引っかけが何の意味もありゃせんのです。

本当であればプレート裏の段差にぴったり収まり、凹みに突起が食い込んで固定となるんですが、そもそもが到達してねえのです。登頂失敗ですよ。

見た目だけ判断もアレなので定規で測定。

プレート裏のハメ合わせ部長径が114.0mmに対し、ストック長径が111.5mm(金具の突起含まず)。

OIOI、1.5mmの差はデカいよ。

と、まあ結構面倒くさい感じの状況なのですが、逆に言うとその1.5mm埋めちゃって引っかかるようになれば解決ってことです。

そうとわかれば隙間埋めの方法を考えるのみ。毎度よく読むギャグ漫画を一冊読んで出した解決法がこちら。

下の金具をネジ止めしている部分に1.5mm分調整物を放り込みます。当然ストック溝内部に収まる寸法のをですよ。

このシムみたいに見えるものはホームセンターのネジセットについてきた小型のワッシャーです。

厚みは1枚約0.5mmなので3枚使います。

金具の底上げになるのでちょっと全体的に勃起!盛り上がります。

早速ストックプレートをはめ込んでみましょう。

外観的には下の金具が勃起!持ち上がってるように見えるだけで、そこまで違和感はないです。

スキマチェック。下も上もぴったりです。実際に嵌める時には少しの抵抗がありました。

その後無理にこじったり引っ張ったりの外れチェックをしたんですが、ウソみたいに外れなかったので、とりあえずはこれでいいかなと合格にしました。

ただし上のショルダープレートに当たるレバーを持ち上げると相変わらず簡単に外れちゃうので、もう少し何か外れにくい対策が必要かなとも思います。うーん・・・。