sm Dystopia

ここは私の管理社会 待ってても画像処理が移行しないので自分で修正中 一日ちょっとずつなので待っててね

最新雑のうの雑な話

私は遊びに行くとなぜか物が最低1つは増えるのですが、

その際に持っていくカバンというか物入れに困っていました。

リュックはでかいし、ポーチは小さい。

かといって少量の買い物袋をぶら下げては移動の邪魔で、

そのためにコインローカーってのも、ないない。

もう大は小をかねてーとあきらめリュック背負いマンになっていて、

しっくりくる決定打がありませんでした。

そしていつも出会いは唐突。これ人は衝動買いと言う。

程よい物入れをゲットしました。

こちらJ-TECHの日本海軍 雑のう。

名の通り日本海軍の雑のう風味にデザインしているようです。

出てから結構経過しているようで売り切れ店が多く、

私は中田商店で入手しました。

元々雑のうってのはごちゃごちゃと汎用的な物入れであり、

個性的なミリ味は薄いものなのですが、

こちらもそういった感じで、テイストはあるものの、

あからさまにそれ風にはしないというファッション性が備わっています。

私はそれ系の主張をする服装やグッズは好きですが、

露骨にいかにもってのからは距離を置く性格ですので、

「指摘した方が負け」ってな物品は好印象です。

ではご紹介していきましょう。

まずは正面。本当にそっけないショルダーバッグで、

布地が前に垂れており、それを開いて使うシンプルな形状です。

私は使ったことないのですが、ちょっと古い目のアニメやドラマで見る、

昭和の学校指定カバン。そんな形ですかね。

色はなんとなく麻っぽそうなコヨーテブラウンを選んだのですが、

別にそうでもなかったかな・・・?

見ての通りですが、原型の旧海軍雑のうからはかなりアレンジがあるので、

改造してそれに使うとかはまず難しいでしょう。

素材は防水加工のナイロン生地。表面ザラザラ、裏面テカテカ。

裏面。

横一文字にファスナーがびろーん。

パラコードの引張り部がちょっとミリってる。

恐ろしいほどの四角形です。

ちょこっとのお遊び部分として、正面真ん中にあるマジックテーp

・・・おっとベルクロね。

ここに裏ひげの生えたワッペンをべっしり貼り付けられます。

取るときがバリバリとちょっとうるさい。

後生地が薄いので、押さえとくかしないと取りづらいです。

もーがんめんふぃすべる?と、ODラインで囲んだ日本国旗バッジ2つは最初からついてたものです。

もうちょっと面積があってもよかったかなとも思いますが、まあこんなものと。

布地の留め具。いわゆるワンタッチバックルというものです。

樹脂製で軽く強度は十分。緩めてちょっとだけ締め長さを変更できます。

肩掛けベルトは着脱可能。金属を使用していないので音があまりしません。

使った感じですが、入れる量が多かったり長時間になると、

結構肩に食い込み気味になりますので、パットなんかをかますといいかも。

それとこのバッグ自立しません。ふにゃっふにゃ。

しっかりさせたいのなら、厚紙やカバン底などを形に合わせて放り込んでみては。

では次に中身をチェック。

オープン状態。仕切りがありますが裏側にオフセットされているので、

メインが満杯になりますと、ハンカチのような薄いものしか放り込めません。

裏のファスナーオープン。

目いっぱい開きますが、こっちも上記の仕切りと同じで、

メインが満杯になりますと厳しいです。

さあてここからは収納力を見ていきます。

カタログの記述では横300mm、高さ240mm、幅70mm。

ですので、それから若干少なめとなります。

この横×高さにだいたい一致するものと言えば・・・、

そう、用紙で言うA4サイズ(297mm×210mm)です。

寸法や用紙で言われてもいまいちピンと来ないなー。と、思う方もごもっとも。

では実際に私がよく買うモノを恥さらしぶち込んで、

どんなものがどんだけ入るかを試してみましょう。

買ってるものにツッコミしないでね!!!

まずはB6単行本。よくあるサイズの単行本です。

縦にして2冊がおさまります。割と余裕あり。

続いてA5単行本。エロマンガ4コマ系の単行本などにある、やや大きめのサイズです。

こちらも縦にして2冊。さっきA4と言いましたのでベストサイズです。

じゃあアレ系の本は?アレねぇー。

あの手の本はB5サイズとなっているのがほとんどですので、ちとごそごそします。

まあそこまでは踊りません。

もう1つ、アレ系のサイズは小さいのがありますが・・・

こちらもA5ですので上と同じく2冊縦できっちりです。

他によくあるものとしてDVDだのブルーレイだののケースですが、

かっちり縦2列。上等です。

と、ここまでは品物そのもの。

人によってはケースに入れて運ぶという人もいます。

ましてや先ほど書いたように、バッグが柔らかいのであれば余計にそういうのを気にします。

ではA4サイズの用紙がごっそり収納できる、100円ショップのプラケースをそのまま放り込んでみます。

OKブラザー。屁でもないです。いや嘘、ちょっと縦横キチキチ。

こちらのケース幅は40mmほどですので、そのぐらいでしたら問題ないでしょう。

道具はシンプルなのが好きですが、こいつはちょっとシンプルすぎて遊びにくい一品。

ただし使い勝手は対空砲ちがう太鼓判です。

お値段も手ごろ(本体価格¥2,500)ですので、

なんか普通の感じで、なおかつかゆいところにってバッグをお探しの人、1つ候補に考えてみませんか?