sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

RS TYPE97〜唯一のカスタムパーツ?〜

 

すみません、長い間放置プレイしてました。

 

私的なことで忙しく、なかなか更新出来る時間がなかったのと、アクセスできる環境がちょっと腐っていたので。

・・・まあ何にせよ言い訳にしかなりませんね。

 

コメントをしてくれた方への失礼、申し訳ございません。

今さらですがレスをば・・・。

 

さて色々新しいネタも有り、そっちの方向には事欠かないのですが、粗製濫造の記事ばかり載せてもアレなので、途中で放置していた97式のレビューの続きといきましょう。

 

 

えーっと、たぶん唯一のカスタムパーツであるRS純正のマウントベースです。

LandArmsのフロントレール?知らん!俺は知らんぞ!!

 

くそー情報の残骸はあるのにサイトには無いなんて…

 

ぶっちゃけスコープ乗っけるだけのブツなんですけど、バッテリー制限の厳しい97式にはその手の外部ポーチを乗っけるのにも役立ってくれます。

・・・というかそっちがメインかも。サイティング?着弾修正でいいよ。

 

それではオープン、半年以上放ったらかしのプリスターパッケージをすこっと抜いて。

 

 

出てきました、中華伝統文鎮です。

なんか粉っぽいのでオイルでふきふき。

綺麗になったところで再度見てみましょう。

 

 

横にきらめく白刻印。ふつー。ずいぶん前にも言ったけど中国語での方が絶対いいよね。

 

 

ところどころ塗装の剥げは有りますが、加工そのものはまともそう。アルミとは言え削り出しなのでなかなか重いです。黒羊羹。

 

 

結合部分。元々がDovetail(どべてーる?どぶてーる?)式のレールなので、別の銃での嵩上げ用とかには使用出来ません。

RSの製品ではないですが、直接このタイプのレールにつけるマウントもあるみたいで、例の95式の写真で見る解放軍謹製?スコープのマウントはそれかも。

 

 

レールの後方向にはネジ2つ。六角で締め締め。

 

さっさと組んでいきます。

つってもレールにすこーんと滑らして、ネジを締めるだけ。ネジのある方がリア側です。

 

 

あんまりきつく締めると傷がつきますので、そういうのが嫌な人は紙でも噛ましましょう。

 

まあそれだけじゃ何なので一応説明書を読んで

 

 

それだけじゃねーか。即可完成安装!

 

 

付けたのはいいんですが、せっかくの刻印が内側に埋もれています。うぉおい!?

 

 

とりあえず全体を見てみましょう!

 

 

ううう・・・微妙だ。東側でも西側でも無く、未来型とも枯れた銃とも言いにくい妙な形が・・・。

 

 

ええい見た目より使い勝手だ!

サイティングチェック!

 

 

・・・何かはるか下に丸い鉄の塊があるんですけど。

というか頬付け出来ないし!チークピースなんて気の利いたものなんか無いし!

従来の感覚で使うにはちょっと位置が高すぎます。コレじゃあちょっと使えないなぁ。・・・と、ここで考察。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

いくら自由主義側に解放軍とか東側とか共産圏とか言われても、使えないものを最初から作らないだろ。

向こうの考えは「人が銃にあわせろ」って感じだから、コレも何かそういう風に運用するんだろう。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

考察終了。

で、RSのホームページをチェックすると・・・

 

http://www.realsword.com.hk/image/97gun_p/6.jpg

 

人が銃にあわせろ。やっぱりそうでした。

 

 

ストックの凹みもしくは頂点当たりに顎を載せる感じで覗くと、ちょうどいい位置に目線が着ます。

慣れないため癖はあるものの、ホールドは出来ます。

後はドットと弾道をクロスさせる形で調整なのはそのまま。さすが共産圏、人を甘やかしません。

 

その後やっぱり外装弄りには乏しいねと、もう少しなんか無いかと適当にぶち込んだのがこちら。

 

 

・・・駄目だ!!