sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会

ガタ止め決行

 

持っている人なら知っていると思いますが、正田さんの右セレクターレバーって結構がたつきます。

 

自分は左利きであり、この部分が現在の不満点No.1です。

修正方法を適当に考えてみました。

 

・右はがたつくが左は問題ない

・つまり左のレバーと同じ形状や仕様にすればいいじゃん

 

すごい単純ですね。

決まったのでばらします。

 

 

相変わらずメカボックスまで行くのが面倒な機構です。

 

 

で、問題の部品。

大きな違いはセレクタープレートを操作する部分。ということはメカボとギアの隙間が開きすぎていて、それでがたつくのか?と。

実際セレクターを組むときにも、この隙間にマイナスドライバーを差してから芋ネジをとめるとガタが少しマシになっていたので、方向性としては間違っていないと思います。

 

 

とりあえず実験してみましょう。出っ張りだけノギスで測ると1.35mm。

微調整できる厚みの有るものといえばシムですが、こんなことにシムを使うのはもったいないので、セットネジを買うときについてきたワッシャーを使います。

厚みは1枚あたり0.6mm。2枚をヤスリで荒らして、瞬間接着剤で貼りあわせて使うことにします。

瞬間接着剤ならある程度強固に着いて、さらに衝撃を与えれば外れるので万が一のやり直しも出来ます。

 

 

で、より入れにくくなったメカボックスと格闘して何とかセレクター部を完成。

 

 

結果ですが

 

左右のがたつきは無くなりましたが、回転方向のガタが残ったままです。

ん〜何でだろ・・・?と、1時間。

 

 

こっちが黒幕でした。

このパーツのギア軸とメカボの穴に隙間があり、それでガタガタになっていました。

じゃあ軸受けで埋めればいい話、と思ったのですが、こんな部品の軸受けになるものなんて既存品であるのから?

 

とりあえずはまたとします。

左右のガタが無くなったという収穫もありましたし、もう一歩です。