sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会  今ちょっと不具合があって修正中なの許して

こいつは手ごわそう

 

とあるところで入手した、TrijiconとかいうメーカーのACOGタイプダットサイトです。当然中国製のレプリカです。

しかしこの品物の状態が中々面白いことになっていました。

 

 

雰囲気はいいんですけどねー。

 

・・・・・

 

・・・

 

 

まず塗装がかなり大きい範囲で剥げています。実は元々そんなに大きくなかったんですが、爪でカリカリとこすっただけでごらんの通り。塗膜弱すぎます・・・。後部パーツの鋳造もボコボコでいい感じのクレバスがあります。

 

 

次にそのまま回転しそうなつまみに見えるキャップをあけて、ドライバで調整というドット調整ネジ。

このキャップが曲者で、はめ込むといたるところに銀粉がまきちらされ、何度やっても掃除しきれません。

 

 

刻印はいい感じですが、微妙に欠けが・・・。

 

 

写真で見るのみでは本物のほうもベースに角度がついている感じでしたが、これはちょっと離れすぎている??

 

 

取り付けネジのほうも当然斜めです。土台と本体とをはめ合わせる溝とのサイズも合っていないため、中途半端に浮き、そして斜めに固定されます。

 

 

スコープ正面は塗装のあおり部丸出しであり、なんとも汚く見えます。工具用の溝がありますけどコレって外れるのかしら?レンズそのものはとてもいい感じですよ。

 

 

これはもう一つのほうのレール。こっちの作りと塗装は割りとしっかりしているのに、レールサイズが合いません。よって意味の無いパーツ、ううっ・・・。

 

 

しかしそんな出来より何よりこのゴムが臭いです。臭すぎます。何度洗っても、何を使っても臭いが取れません。これではサイティングの度に嗅覚がヒットコールです。

 

 

電池は44型を2個。輝度調整は2段階で赤と緑。輝度調整は正直わかりにくいですが点灯はちゃんとします。

それはまあいいんですが、金属がむき出しの為、ビニテかなんかで電池外周部を絶縁しないと、ショートして点灯しません。ネジもかなりいびつで、奥に入ったかどうかがわかりにくいです。

 

 

後、この品物はMASADA用として買ったのですが、致命的に色があっていません。うわーい。

格安でしたし、値段相応といえばそれまでなので、もうこうなると絶対見栄えするようにリペして(刻印はあきらめて)、台座の位置もちゃんとなるように弄くるまでです。