sm Dystopia

sm Dystopia

ここは私の管理社会  今ちょっと不具合があって修正中なの許して

CHANGE SURVIVAL GAME2 神の縛りプレイ

ふぉとばい
バトランさん(@bl1oodora )
エリミンさん(@masegaki0520 )
臥龍商店さん(@GARYUSHOUTEN )
snowさん(@photo_snow )


2018年は9月23日(日)のこと。かつて関西を揺るがした大イベントなCHANGE SURVIVAL GAME(以降橙…違うチェンサバ!)にアタクシお参加したのですが今年もやってきたということである。そうです2ですチェンサバ2です。映画のごとく続編決定ですよ。

 

はいはーいまた参加します

まあ雰囲気につきましては前回のを見てもらえばわかるかなと思いますが、

 

smdystopia.hatenablog.com

 今回も同じということで説明を端折ると、サバゲ神様にローキックの後アッパーオリコンかまされそうなのでもう一度。
テーマは善と悪での一大決戦。てなもんでそれにちなんだコスしろやー、軍でもオリでもアーマーでもどんとこいな非常に参加しやすいオオサンショウウオの移動ポーズ並みに敷居の低いイベントです。
…と思われているのですが、どうにもみんな気合い入りすぎててそこが入りにくいのかとも思えるジレンマとは運営側のつぶやき。
そういうわけで前回はベストイロモノ賞を受賞した私が、今回も敷居なんて地殻変動させてカンブリア紀地層にまで埋めてやるぐらいの勢いで変なものを作ってやると鼻息フンス。参加することになりました。
ちなみに今回は参加枠めっちゃ早く埋まりましてあれ?ボク居ていいのかな?と、ちょっと小心になったことはナイショ。

なやむコスプレ

で、兎にも角にもコスプレからスタートですね。
別に普段の軍装でも良かったのですが、前回のアレをやった後で普通(というには変な軍装だが)なものというのも身体に流れる糖分と中性脂肪と尿酸が許すわけもなく、今回も作ろうとしたわけです。


前回の「ねこです」コスでもよかったのですが、いろいろ処分しちゃったのと、やるなら新型っしょー!と気合不十分。じゃあなにか格好のいいものをと考えてたのですが、余計なギャグ根性が邪魔をしてなんか乗り気にならず。それでも一応おおよその案までできたのですが、やっぱ俺がこういうのするのはだめだ!と完全に捨てちゃいました。

神降臨

そうだ俺がやるのはそういうものではないんだよ。教えてくれ神よ。サバゲ神様。
と言ったらどっからか連れてきたお友達を紹介してくれました。

 

え…?これするの?

そうだ、なっちまえよ神に。

神に?


そう神に。


神か…


神だ!!


作ったものはメジェド様です。昨今の流行に敏感な方やソーシャルゲームしてる人などは説明せんでもわかるでしょ。エジプトの偉い神です。

神は神でもどうしろってんだこれ!!!

作ってアレなんですけど、完全に攻撃手段を捨ててます。
一応腕を出す機構も作ったのですがそれでも構えるスペースが皆無です。だもんで基本の銃撃はハンドガンです。ということは、見た目はどうでもよく作動に期待のできるM1911だけとなりました。
※念の為グレネードも持っていったのですが、結局出番ありませんでした。

近接は前回の「ねこです」を修理し、なんとか戦えるかな?って感じのレベルに。

こちらの強度確認などを前日の土曜日まで利用して、念入りにチェック。完全な自己満足の世界に浸る間もなく当日を迎えました。
作りのこだわり部分はまた後で。

チェンサバ2当日だ

バトランさんまでは自宅からおおよそ1時間。もう見知った場所なのでそれはいいんですけど、当日は送迎バスや何やらもあり道中が詰まるのであえて遅めに出発。
参加人数から来る手続きの時間もあり本当は早いほうがよかったんですが、開場してないままを待つのもそれはそれで渋滞だし、何より前日の睡眠を確保したかったわけなのが本音。体調は万全にしたいの。

ついてご案内され駐車。なかなかに人は多くで、もう手続き開始されとります。

とりあえず武器チェックに参加料を出さねばいかぬので、別にコスはしなくていいのに動きのチェックも兼ねてずっぽり。
その時何故か受付に名乗ってもいないのに「よう来たのぅsmよ!!」と大バレしてしまいました。馬鹿な完璧な神なのに!?…いやそんなコスするのオマエしか居ねーし!!後は近接武器でわかるか。

その時もらったクリアファイルにパンフ。なかなか凝っていますが前述のコスゆえ落としちゃったりとちょっと無念。

パンフには同人誌形式のイベントの流れや注意事項の漫画があり、ワクワクを出すのにいい感じ。残念ながらいやぁナイスなヒットコールでちゃうのぉとか、私の多段数マガジンバイオBB弾でいっぱいにされたぁというような、エッチなページはありませんでした。

当日は朝は涼しかったもののもう10時頃には気温が上昇し、更に前日の雨もあってちと蒸し暑い感じ。
あれっすよ、このコス気密性悪いから中で汗だくっすよ。
ですが水分は真夏と同じく2リットルペットを2本凍らせてで、そっちは万全です。

いざ宿命の開会式

イマイチ装着感に慣れないまま時間は過ぎて開会式。
おなじみの運営方々がさっそうと現れて白熱のオープニングを披露。


前回の戦いより甦った(という設定で)閣下も登場し、バトルボルテージがアルティメットレベル。

わざわざ撮影用にこんな兵器まで飛ばしておりました。くうばく!

開会式では注意事項と各種フィールド説明をバトルランドスタッフも加わって行い、その後正義VS悪でチーム分けをして両陣営でにらみ合い?


ボク全然迫力ねえな!!
ゲームの前にフィールドもぐるり。前日の雨でかなり足元はぬかるんでおり、このコスがひたすら汚れることは覚悟しておりました。

オーソドックスな第一ゲーム

さて最初のゲームはいわゆるリーダー戦や大統領戦などというもの。
ルール知ってる人いるかも知れませんが説明。ボスが討ち取られたらゲーム終了。だから守りつつサバゲしましょです。
今回もサバゲの初心者がいることを思いましたら割りとシンプルなルールで行こうというのは正解でしょうね。

 

で、お前は?というと…即ヒットでおます。ブツはM1911で被弾範囲広いわじゃ当たり前だ!!
その時使ったヒットマーカーなのかデッドフラグなのかがこちら。


この後は条件復活有りになったため、このゲームのみの貴重なブツとなってしまいました。

MADな第二ゲーム

サバゲーとしてワイワイ盛り上がったところで、次なるは異色のMAD戦。
この辺りから気温が和気あいあいと盛り上がってきており、とにかく暑いの。
ルールは簡単、近接武器でしばけ!やられたらタッチして復活!
いちおう危険防止のため頭狙いはなしよで進みます。

ゲームスタートで乱戦乱戦また乱戦!!
私も奮闘しましたが、ボディの機動性の悪さと被弾判定の大きさが出てしまい、結果としてはやられてるほうが多かったり。
オマケに筋肉使いすぎて足は攣るわで終わればぼろっぼろ。熱がこもるので汗もたっぷりで疲労困憊でした。
それだけ楽しいってこった!!

ブレイクタイム

お昼休憩ではお食事や出店のイベントを楽しんだりと和気あいあい。

出店されてたカレー食いました。美味しかったです。

(後日談ですが、この次の日のGWCというガレキイベントでもカレー食う予定なのをすっかり忘れて食ってたスカポンタンです。)

私も写真撮られること見込んで(と正体隠しの為に)、暑いながら衣装をかぶってそこらを散策。

催し物の中にアーチェリーな小大会があったりでちょっと覗いたり。
手がない設定なのでこの格好ではできませんでした。いや脱いでやればいいんですが、なかなかに盛況でして。
その後衣装合わせなどでの撮影会タイム。


お題の「版権」テーマにちゃっかり入り込んで撮影してもらいました。いやまあ…エジプト神話と、とあるゲームの版権とは言えるのかな?

特殊な第三ゲーム

お昼にはまた通常よりのサバゲーに。
こちらも特殊なルールがあり、コア破壊戦というもの。
無限復活戦プラスにダンボールで作ったターゲットへバカスカぶち込めやぁ!!ってな割とシンプルなゲーム。
このコア単に撃てばいいわけでなく中に残った弾の数で競うため、オモテは貫通させてなおかつウラは突き抜けなければいけないし、本気で壊しておもらししてもだーめーよーと繊細かつ撃てよないい塩梅での距離感が必要。

まあどのみちボクは武器がハンドガンのため囮に徹しましたが、的がでかいので割と簡単にヒットヒット。なんとも賑やかし役としかなりませんでした。
結構力量差があったみたいで片側に大差勝利。それはともかくなかなかおもしろいゲームでありました。


ラストゲームはやっぱり…?

予定ではもう一つあったようですが、時間配分を考えてここでラスゲー。
ラスゲーといえば前回の主催者フルボッコsじゃなくて伝説の剣で黒幕を倒そうぜというやつです。
もちろんルールも大きくは変わらずで剣の位置だの護衛の条件だのそういうのぐらいなので前回を経験してるとスムーズに遊べます。
雰囲気を盛り上げ血踊り肉が湧くアナウンスが入ると、さあラスゲースタート!!

 


もちろん自分は行っても行っても打ち倒される雑魚役。最後なので頑張りましたがスタミナレッドゲージ。
そうこうしているうちに味方側が伝説の剣を今回はスムーズに取得し、ラストの一騎打ち。

お互い距離をとって切り合いへし合い。プレデターも閣下もなかなか致命打が与えられず。
そのうちみんなから湧き上がってくる応援コール。

殺せ!殺せ!殺せ!

それはMADサバや!!

 

かくしてみんなの心…が無さそうな化物や生物も居るけど?が一つになり、あいうちながらも見事撃破。
断末魔を上げて倒れる閣下に、最後はみんなしてやりたい放題の撮影会。

かくして平和は戻り、チェンサバ2も無事に終了したのでありました。


お疲れ様な閉会式

ゲームは終わったのですがここで抽選会。
協賛者からの豪華景品、いや本当に割と豪華でしたっすよ?を引いて当てての盛り上がり。皆様まだまだ熱が入っておりました。

最後に主催の挨拶として次回もやるぞ!を聞いて、よっしゃ次のネタ何にしようと企むもの、反省会をしようと思うもの、この後飲みに行くぞなもの、5時間かかって帰るぞなもの、色々な思いを胸に秘め今回も無事に終了したのでありました。ちゃんちゃん。


自分は温泉行く

あまりに疲れていたのと車の移動もあるので、その後は挨拶も程々に帰路。そのまま帰るも良かったのですが休憩したいわねとバトランさんの近くの温泉探してドボン。

天然温泉が疲労回復に役立ちました。
この温泉、湯温がぬるいのと暑いのがあるので長湯もできておすすめだよ!

帰った後は整理もほったらかして泥のように寝ておりました。お疲れ様。


これで終わるな反省会

イベントはここで終わりですが、自分の反省会をしろとサバゲ神様からの宿題。えやだめんどくさぎゃー、へーへーやらさせていただきます。

あまりにあまりなコスチューム

まあアレです。メジェドさま、マジで戦闘に有利な部分を捨てていました

それはともかくこのコスですがこだわったとこをご説明。

 

まずは衣装の素材。こちらはでっかい白い布で、いわゆるベッドのシーツに使うようなものです。透け防止の為2つに折って筒状に縫い合わせました。 

 


次に目の部分ですが前回のように視界ゼロってのを防ぐため、ポリカーボネートのスモーク色をレーザーカットして目プレートを作り、布に穴を開けて貼り付け。

co-box.info

ちなみにレーザーカットはここでやってくれましたが、材質によってはガスが出るので要確認とのこと。

貼り付けは多用途接着剤、輪郭はポリカ塗料をマスキングして塗っております。2mm厚のポリカで作成したので近距離被弾しても大丈夫な耐久性。眉毛もついでにカットして作成。

ただ思ったよりもスモークが薄く、中の人が丸見えになりがちでした。

頭の部分は球状に加工しなければならないのですが、布を縫ってだと短くなったりしわになるので、丸い三度笠を購入。

 

三度笠 大

三度笠 大

 

 


これを頭の骨にして布を引っ掛け、その上に白い布テープで覆い尽くし+補強。この時点で布と傘とプレートだけなので結構軽量なんです。

続いて裾のバタツキと胴部形状に張りを持たせるため、裾に針金を挿入。裾の形状固定ができ、なおかつ重みで胴がピンと張り詰めるのでいい感じでした。

最後に腕どうするねんってことですが、このキャラに腕を作るとなんか違うので、窓形式にしようと胴部に穴あけし、マジックテープで閉じれるように仕込み。
でも穴が開いてるだけではイマイチなので…

このような子メジェドを作ってアクセントかつ目隠しにしました。ゲームでのマーカーの処理ですが本体には当たり前ですが装着無理なため、替わりに装備してくれたいい子です。目はフェルトをカットして貼り付け、中には綿を仕込んでボリュミー。

 


それと余裕があったのでこれの目に光る小細工を仕込み。リモコンで点滅ONOFFとパターン変更ができるので、ポケットに入れてその都度操作してました。

 

 

ついでに中の人というか下半身は旧日本海軍の袴と半長靴で、上はシャツです。汚れてもいいのと前日の雨ゆえのぬかるみ覚悟だったので、結果それで正解でした。

まあ前回の勢いだらけよりはいいと思うんですけど、明らかに戦闘力はダウンしておりました。
打ち倒す者じゃなくてオマエ打ち倒される者になってね?と、サバゲ神様からの容赦ないツッコミ。
次回があるなら戦闘でもお役立ちしたいものですね。ぶはは。

武器?

今回の武器なんですが、前回から続投のねこです。
ちょっと汚れてたり破損があったので修理して利用。いい感じに今回も活躍はしてたのですが、いかんせん本体がね。
次もこれで行くかどうかは考え中。

エアガンは普通の銃が全く装備できなかったので、ハンドガンのM1911のみ。
なかなか狙い撃つ機会がなかったので、ほとんど発砲してません。というかその前に撃たれとるや無いけ!!


最後に一言

このようなコスチュームでも参加できて楽しくやり会えるチェンサバのようなイベントは、関西にとってはまだまだ希少です。
みんなすごいなと敷居が高くて参加できないとか思わず、ボクみたいな変t…ネタ勝負でもいいんです。
とにかくやってみて楽しくて他のサバゲもやろうかなとなって、盛り上げていきましょう。

 

そしてオマエはまっとうなサバゲしろ。byサバゲ神様&メジェド神

ショットショージャパン2018SP9ーぶぽーと

関西のエアガン好きなら知ってるだろうショットショージャパン。2018年は9月15日の土曜の方にお参加してきたのでありんす。
個人的にはちょっと思う部分もあったイベントでしたが、それに関しては後述ということでねー。

 プランを立てよう

私はこのイベントに参加する際には基本車にて近くに駐車し、その後周辺店舗で並列開催している裏ショーや半券割などをチェックしそれに合わせてふらつくのですが、今回はそれにもう一つ素材の工作加工が加わったため、ちと余裕がなくなったのでした。
この加工時間はそれほどではないのですが、予約取らないといかんのが厄介という。なわけでコイツは15時半に設定。
んで周辺で毎度の裏ショーしてるフォースターさんを先に行くかと11時にこっちへ先に出向き、適当に見てから12時にショットショーというプラン。うんまあそういう感じ。

憂鬱な天候に爪痕

その日はいまいち睡眠の質が良くなかったので、ギリギリまで寝坊。11時少しすぎるぐらいでの計算でお車出発。加工用の材料なども持ち込んでなのでバッグの容積は少し狭く、今回はあまり買い物すると重いだけだよと注意。
さて昨今の大阪市内ですが本日は雨が降ったりやんだりの曇天模様。
それと先週あたりに台風が接近しており各地に甚大な被害をもたらしていて、そのわかりやすい爪痕を各地で発見。

被害は一日とはいえ甚大であり、またちょっと前の地震被害と合わさっておりで、完全に再生となるにはまだ時間がかかるようです。

フォースターに気安く

まず覗いてみたのはフォースターさんの裏ショー。今回はB品セールはなくクリアランスとのことで新品をお得値段で大放出。さらに店舗の工事を改装し終えたとのことで2F売り場が拡大しておりました。
とまあ店の気合は入っていましたが、今回はこっちでの購入品には出会えず。うーんと思っていたとこになんかAKマガジンの大放出?あ、これB品。でもまとめ買いなら安いねと3本1セットでお買い上げしちゃいました。
帰って来て後から確認。

1個だけ引っ掛け金具がでかくて入りませんでしたが、壊れてたジャンクマグのと取り替えてOK。

主役不在のショットショー

やってきたぜサンポール
…サンボウルだっての!!
さあ行きますかとその前に。

何かこの配置図を見て気づくことはありませんか?
そういつも出品しているというか出店している、某メーカーも某メーカーも某メーカーもいない?
私は掘り出し物漁りもいいのですが、どっちかというと新製品のお目見えを楽しみにしてもいるのでかなりがっかり…、きしょー!!!

そのせいもあるのか雨だったのかなんかいつもより人少ない気がする。動きやすいのはいいですけど活気には欠けるねえ。ふむーん。

やや不満を内包しつつ各地を見て回りました。

普段は混み混みの奥もすんなり見て回れてそれはいいのですがねえーと、ちともの足りず。
ですがお買い物の質はいつも通り活気があっていい感じ。
と、そこへビビッときた新製品が売り側から出されてました。

なんだお前はぁああっ!?

 ホビーショップいずもさんで展示されてた、なんじゃこれ!?とご確認。
見た目はARなのですがバレルは二本でマガジンも二本。いわゆるダブルバレルで二重撃ちができる方式の銃とのことで、名称がダブルバレルM4 DT-4。
えー???どういう構造なのさとちと質問すると。

まずメカボックスは1つで収納され、ピストン、バレルはツイン。
マガジンは挿入は別々。外すときはボタンを押すと両方いっぺんに落ちてくるみたいで、複雑怪奇と思いきや割と単純化されているようです。
後はいわゆるARの形状。ARモデルの乱発激しいこの世相とは言えど、ここは個人的に惜しいかなー。もっとマイナーなモデルか架空銃でも良かった感じ。

今回は展示のみで販売はこれからだそうですよ。

懐古な最新兵器

配置がカンプとサムズのあいだにあってあれ?どっち?でしたが。なんとあの超高級品メーカーであるショウエイさんのG43のB品をアウトレットしておりました。
んが、いくら安くてもこの値段は無理やー!ってことで、試射をしていたのでちょっと触らしてと確認。
これカテゴリーとしてはガスブローバックライフルになるのですが、なんと充填するものはエアー!?そう空気入れですよアナタ。


エアー充填と言えばエアガンの歴史の中では必ず出てくるエアタンクなのですが、それをマガジンの容量内で解決し、実銃の弾数程度にまで撃てるようにしたもの。内部構造はこれまた知ってる人は知っているエスコートとの共同開発だとか。
構えて撃ってみてですが、重量感はさすがのショウエイモデル。そしてちゃんと射撃できるし、反動もガッツリ。頻繁に充填しなければいけないのは仕方ないですが、競技自転車用の充填機材なら昔のように重労働でもなく楽です。会場では小型の電動コンプレッサーを使っていました。
昨今新フロンやCO2の運用やその他と過渡期なパワーソース問題ですが、ある意味復古してのエアー充填を利用しての完全エコスタイルという挑戦は応援したくなります。

キケンな臭いがする購入品

新製品エアガンはこの程度。装備も最新物とかあったらしいのですが現代物や民間品にあんま興味が無いのでそこらは触らず。
あまり時間もなかったのでお買い物に本腰。
そこで見つけたキケンブツ。

むげんさんでヤ○ザの銃が中古でお買い得だったので購入。中古ですが新品同様の感じでした。
んでもう一つ、SFBCさんのこれ。


ソウドオフのダブルバレルショットガンですわ。なかなかにレトロ感たっぷり。シェルも追加購入しときました。
後はエスグラさんでのパイロットグローブ。

薄手で防御範囲高いのを探してたのです。

ちなみにこのようなものも売っていて、エスグラさん中国の解放軍も取り扱うのかなとちょっとワクドキ。
他にもジャンク品を見回ってみましたが、今回は特に無くで終了。
とりあえず買い物を終え、15時半の作業にちょっと余裕があるぐらいで会場を出ました。

もうだめ

加工作業を終わって最後に日本橋を散策するかなと思ったのですが、歩きづめだったもので足が悲鳴を上げてギブアップ。
日中は暑いのもあって体力に限界も有りでこの辺りで退散しました。

今回の感想

メーカーが多数不在だったのは残念でしたが、その分ショップが頑張ってくれたようであり面白いものもついでに見れてとまあなんとかな感じでした。

買い物も少ないですがどっしりとマニアックなものをゲット。
今度はもっと新製品がみたいですね。

オマケ

最低最悪最凶野郎の手コキガン

※今回のレビューはかなり品性下劣であり、また人によっては気分を損ねるものとなっております。
そのため画像を加工して配慮した結果、見た目が不鮮明なものとなっておりますことをご了承ください。
それでも見たいなら自己責任にてお願いします。下へどうぞ。


↓↓↓↓↓↓↓

 


↓↓↓↓↓↓

 


↓↓↓↓↓

 


↓↓↓↓

 


↓↓↓

 


↓↓

 


 

 

ほんとにいい?後悔しない?

大丈夫だよね??

 

知らないよ? 

 

じゃあどうぞ。

 

 


そそり立つ最低最悪最凶野郎

エアガンといえば性能だ、いや格好良さだ、いや取り回しだね。いろんなエアガンの「正義」はあると思いますが、今回ご紹介するエアガンはそのどれもこれも全てに反逆するものです。
もったいぶらすこともないので、いやある意味ブラブラしてるけど、ご紹介します。

 

ちん○!!!

○んこ!!!!!
ち○こだぁあああああああ!!!!!!

 

はい?何を言ってますの?ただのエアガンですよ?いやですね、どう見てもエアガンですよ?単なるエアガンですよ、手コキ構造の立派な最終アダルト兵器ですね!!

さてでは真面目に…この題材で真面目ってのもおかしいけど、いろいろご紹介していきます。

ちなみにサバゲ神様は柄にも似合わず赤面して引きこもりましたので、今日は殴られませんでした。


常にあなたのそばにいるアレ

こちらの商品、エアコッキング式のち○ぽ身体部位を模した形のトイガンとなります。
実は純粋なエアガンではなく、海外の玩具で流行りの水で膨れるジェル弾を飛ばすおもちゃなのです。このジェル弾の直径規格がおおよそ6mmということで、BB弾にも対応していて無理やり撃つこともできるわけです。
とはいえ国内ではそのジェル弾というものが一般的ではなく、なおかつこの形状のため、入手するには少し困難。私は海外通販で手に入れましたがもともと低年齢?の子供用玩具のため、特に初速証明や公序良俗に引っかかること無く入手できました。

海外での製品名はKids Toy Water Pistol Gel Ball Gun Manual Loadingで、わかりやすい卑猥な単語がないため検索しづらいのです。パッケージにもそれっぽい記載はありません。

探す場合はこのようなGel Ball(吸水弾)を使うトイガンで検索すると、ヒットできます。

 

全体を見てみ…

わかるだろもう!ちん○んだよ!!色が生々しい!!
このそそり立つペ○ス、重量感のあるキ○タマ、浮き出たア○スジと、作ってる連中は楽しい職場してただろうなと思っちゃいます。
この見た目はもういいとして、一応銃の形に迎合した構造ですので全く握れねえってことはないです。いやむしろ安心感のあるグリップ感かとも思ってしまいます?
材質は一般的な硬質ABS。コストのためネジ等のみが最低限の金属となっています。そのため値段設定も安価であり当然作りもそれなり。重りもないため軽く、軽快に運用できますが構えてとなると重量感に乏しく安定性が悪いかも。

反対側がネジ止めのモナカ構造ですが、なかなかに男らしさは表現されております。
樹脂ゆえあまり握り込むと射s…軋みが生じます。

各部を見て

トリガー

トリガーはこの中で最も再現性がなく、銃の構造としていたって普通に設置。リアルさというより調和として残念ですが、こうでもしないとどこで引くねんってのがあるのでしゃーないっすね。
トリガーブルは安価なコッキングガンでお馴染みのへにょへにょ感。樹脂ですので乱暴に引くと耐久力が心配。

キン○マグリップ

男子であればとっても馴染みのある形状とし、素晴らしいフィット感を生み出しているキンtもといグリップ。
生命の源が作られる感触を堪能できますが、レザーではなく成形で再現しています。
大きなシワが横方向に引かれて谷となっていますが、ボールは横に2個なんだから正面縦にしたほうがと思う部分も。後これレーザー脱毛っぽくてちょっとブツブツがキモくつるんつるん。

陰○バレル

発射口は非常になめらかなで再現率がグッドですが、それゆえにお外に出すと危険度MAXなアダルティ。奥まっているのとバレルが黒のプラなので、カテーテル感はないです。当然ですが石が詰まると作動不良になるでしょう。
樹脂厚みが薄く際がちょっと鋭いので、危ないと思った場合は尿道口をしごいて怪我対策を。

精○充填部

精○はカリ近くの余った皮をめくって、ここで貯めておきます。赤BB弾でもあるとなかなかに不健康的ですね。
こちらバネテンションやマガジンとかでは無く単なる自重落下。コッキングに気をつけないと装填不良で空撃ちになることもしばしばです。私が試したところ勃起するがごとく銃口を上に向けてコッキングするとミスは少なくなりました。
○子の数はきっちり詰めると18発までなので、割と無駄撃ちしても大丈夫な量ですかね。
なんかよくわからないヒダが上にありますが別にこれレールでも無いですし、前後のサイトもないので狙いは感覚でつけてください。

射○

ア○スジのおかげで中途半端にコッキングのグリップ感は良好。手コキの感触は軽いです。
パワーは0.2gで20m/s程度なので10歳用ってトコですかね?バレルはプラ製ホップなし。流石に国内流通のエアガンには劣りますが、それでもまだ素直な弾道で飛んでいきます。
個体差にもよりますが、この低価格でジョークグッズとも言える製品の割に性能はいいほうです。

最後に本当に注意点

性能はおとなしいものですが、何よりもその見た目と色で別方向の極悪銃扱いされてしまうこのエアガン。部屋でシコシコするにはともかく、もしサバゲーで使うには使い手の度胸と、被害者?側の寛大な心が必要です。

というかこのまま使うのではなく、色を黒?やピンク?に塗るとかそういう配慮も必要だと思います。
それとこれは一番注意してほしいことですが、女性ゲーマや子供に使ってセクハラと訴えられてもボク本当に知りませんので、そういうジョークがわかる場や仲間内で使ってくださいね!!